【ゼフィルス全25種類】ミドリシジミなど珍しいシジミチョウを紹介

蝶の生態他

蝶好きであればおそらく一度は耳にしたことがある「ゼフィルス」という言葉。シジミチョウ科に属する一群で、メタリックに輝く美しい種が多くいるため、蝶好きには人気があります。自分もゼフィルスは昔から好きで、ゼフィルスが発生する時期になると良く生息地に行っています。

本記事では、そのゼフィルスの紹介をしたいと思います。

なお、ゼフィルスの見分け方は以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ゼフィルスの概要

分類学のレベルが低かった時代に、樹上性のシジミチョウの仲間を総括して Zephyrus と呼んでいたのが始まりで、語源はギリシャ神話の西風の神ゼピュロスです。

このゼフィルスに属するシジミチョウの雄は、木の枝の先端などで縄張りを張り、同種のチョウの雄が進入して来ると追いかけて縄張りから排除する習性を持つ種が多いのが特徴です。それらの種は、雄同士が回転しながら絡み合うような飛翔を行う(これを「卍巴飛翔」という)。一般に翅が縦に長く、森林性が強いという特徴があります。ほとんどの種がブナ科植物を食べ、卵で越冬します。


日本には25種類のゼフィルスが生息し、成虫は6月から9月の間に発生(年一化)します。主に平地に生息する種と山地に生息する種がおり、前者は平地性ゼフィルス、後者は山地性ゼフィルスと呼ばれることがあります

平地性ゼフィルスは、アカシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミ、ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミの6種類であり、これらは街中の公園等において生息していることがあります。

ゼフィルスの中でも、進化の度合いが異なることが指摘されています。以下の図は、白水氏と山本氏によって1956年に作成したミドリシジミ類各属の系統関係推定模式図です。

ミドリシジミ類各属の系統関係推定模式図(白水・山本、1956)
スポンサーリンク

ゼフィルス全25種類

日本に生息するゼフィルス全25種類を紹介します。

平地性ゼフィルス(6種類)

平地性ゼフィルスは、平地でも観察することができるゼフィルスで、ミドリシジミ、オオミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミの6種類が生息しています。これらの蝶は、都心近郊でも観察することができます。

ミドリシジミ

2008年6月25日 東京都練馬区
幼虫の食草ハンノキなど
活動時間夕暮れ時

ミドリシジミはゼフィルスの中で最も有名な蝶です。東京都の石神井公園や、埼玉県の秋ヶ瀬公園など、都会でも観察することができます。

オオミドリシジミ

2009年6月4日 埼玉県所沢市
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間午前中

オオミドリシジミは平地性ゼフィルスですが、ミドリシジミのように都会で観察できることは少ない蝶です。東京近郊であれば、埼玉県の狭山丘陵や、神奈川県の舞岡公園などに生息しています。

アカシジミ

2009年5月26日 神奈川県横浜市
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間夕暮れ時

アカシジミは成虫は5月頃から発生し始めます。夕方に活発に活動し、栗の花をよく訪れますので、栗の花を探せば本種を見つけられる確率が高まります。キタアカシジミと非常に良く似ており、見分けはかなり難しいです。それ以外には、ムモンアカシジミ、ウラナミアカシジミとも似るが、見た目がかなり異なるため、見分けは容易です。幼虫の食樹はコナラ、ミズナラ、カシワ、クヌギ等です。

ウラナミアカシジミ

2015年6月6日 埼玉県入間市
幼虫の食草クヌギ、アベマキなど
活動時間夕暮れ時

ウラナミアカシジミは独特の模様をしており、似た種類が他にいないため、見分けるのが容易な蝶です。栗の花によく吸蜜にきます。

ミズイロオナガシジミ

2018年5月27日 茨城県桜川市
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間早朝と夕暮れ時

ミズイロオナガシジミも平地で観察できるゼフィルスです。早朝と夕方に活発に活動し、日中は葉っぱの上などでじっとしていることが多いです。

ウラゴマダラシジミ

2015年7月19日 長野県原村
幼虫の食草イボタノキなど
活動時間夕暮れ時

ウラゴマダラシジミは、幼虫がイボタノキを食べることから、イボタノキが生えている場所に生息します。

山地性ゼフィルス(19種類)

山地性ゼフィルスは、平地ではなく山地に生息するゼフィルスで、日本には19種類が生息しています。都会では見る機会の少ない蝶ですが、山地で出会うことができます。

アイノミドリシジミ

2018年6月24日 石川県金沢市
幼虫の食草ミズナラやコナラなど
活動時間午前中(10時頃まで)

日本に生息するゼフィルス25種のうち、山地性のゼフィルスの1種になります。アイノの語源はアイヌ語です。成虫はゼフィルスの中ではやや遅めに発生し、7~8月頃に見られます。♂は午前中の早い時間に林道等の少し開けた場所で占有行動(卍巴飛翔)を行いますが、お昼が近くなると急に活動をやめる特徴があります。これまでの観察では、午前10時頃までは占有行動が続いていました。ミズナラ等のブナ科の植物がある、やや開けた山地部に生息します。

メスアカミドリシジミ

2018年7月16日 栃木県日光市
幼虫の食草ヤマザクラなど
活動時間午前中(10時頃から正午頃まで)

メスアカミドリシジミは昼前頃に最も活発になります。アイノミドリシジミと生息場所が重なることもありますが、アイノミドリシジミは10時頃まで、メスアカミドリシジミは10時頃から活動が活発になるため、時間である程度見分けることができます。

クロミドリシジミ

※写真未撮影

幼虫の食草クヌギ、アベマキ
活動時間早朝

ヒサマツミドリシジミ

2015年10月10日 静岡県浜松市
幼虫の食草ウラジロガシなど
活動時間14時から16時頃

和名の”ヒサマツ”は島根県の久松(きゅうしょう)山に由来します。発見者が久松をヒサマツと読み間違えたことからヒサマツミドリシジミとなりました。本種の幼虫の食性については、1968年に主原氏らによってアカガシから卵が得られ、1970年に藤岡氏らによって主要植樹がウラジロガシであることが突き止められましたが、それまでは確実な山地は京都の杉峠か滋賀の比良山ぐらいしかなく、また、ゼフィルスの食樹が次々に解明された1950年代においても、本種だけは解明されなかったことから、非常に珍蝶として扱われていました。

1971年には本種の卵を手に入れるため、静岡県の阿部川上流の梅ヶ島において、チェーンソーでウラジロガシの大木を倒したとの報道がなされ、問題となったこともあるぐらい、熱狂的なファンがいた蝶です。

ヒサマツミドリシジミ生活史解明者への懸賞金
(画像引用:日本鱗翅学会会報(1962)『蝶と蛾』,12巻,3号,P64,日本鱗翅学会.)

キリシマミドリシジミ

2018年8月4日 三重県いなべ市
幼虫の食草アカガシなど
活動時間9~14時頃

キリシマミドリシジミは生息地が局地的で、見る機会の少ないゼフィルスです。表翅の輝きがゼフィルスの中でも一段と強く、非常に美しい蝶です。

ジョウザンミドリシジミ

2016年7月9日青森県鰺ヶ沢町のジョウザンミドリシジミ
2018年6月24日富山県南砺市のジョウザンミドリシジミ
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間午前中

ジョウザンミドリシジミは午前中に活発に活動するゼフィルスです。エゾミドリシジミと生息場所が重なることがよくありますが、ジョウザンミドリシジミは午前中に活動し、エゾミドリシジミは午後に活動するため、活動時間によってある程度見分けることが可能です。ジョウザンミドリシジミは、山地性ゼフィルスの中ではよく見られる種です。

エゾミドリシジミ

2018年7月16日 栃木県日光市のエゾミドリシジミ
2018年6月24日富山県南砺市のエゾミドリシジミ
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間午後

エゾミドリシジミは午後に活発に活動するゼフィルスです。ジョウザンミドリシジミと生息場所が重なることがよくありますが、ジョウザンミドリシジミは午前中に活動し、エゾミドリシジミは午後に活動するため、活動時間によってある程度見分けることが可能です。

ハヤシミドリシジミ

2016年7月8日 青森県つがる市
幼虫の食草カシワ
活動時間夕暮れ時

ハヤシミドリシジミは、幼虫がカシワの葉を食べるため、カシワがある場所で見ることができます。夕暮れ頃に活発に活動します。

ヒロオビミドリシジミ

※写真未撮影

幼虫の食草ナラガシワ
活動時間正午前後

ウラジロミドリシジミ

2016年7月8日 青森県つがる市
幼虫の食草カシワなど
活動時間夕暮れ時

ウラジロミドリシジミは、幼虫がカシワの葉を食べるため、カシワがある場所で見ることができます。夕暮れ頃に活発に活動します。

フジミドリシジミ

2018年7月14日 栃木県日光市
幼虫の食草ブナなど
活動時間夕暮れ時

フジミドリシジミは、幼虫がブナの葉を食べるため、ブナ林に生息しています。夕暮れ頃に活発に活動します。

ウラクロシジミ

2018年6月24日 富山県南砺市
幼虫の食草マンクサなど
活動時間夕暮れ時

ウラクロシジミは、幼虫がマンクサの葉を食べるため、マンクサが生えている場所に生息しています。夕暮れ頃に活発に活動します。

ウスイロオナガシジミ

2018年6月30日 栃木県那須塩原市
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間早朝

ウスイロオナガシジミは早朝に活動するゼフィルスです。花の蜜を吸うことはほとんどなく、樹液に来ることがあります。

ウラキンシジミ

2015年8月1日 栃木県日光市
幼虫の食草アオダモなど
活動時間夕暮れ時

ウラキンシジミは夕暮れ頃に活発に活動し、栗の花などの蜜を吸います。幼虫はアオダモの葉を食べます。

ウラミスシジミ

2017年7月8日 福島県猪苗代町
幼虫の食草コナラ、ミズナラなど
活動時間夕暮れ時

ウラミスシジミは低山地や山地に生息し、夕暮れ時に活発に活動します。

オナガシジミ

2015年8月1日 栃木県日光市
幼虫の食草オニグルミ
活動時間夕暮れ時

オナガシジミは、幼虫がオニグルミを食べるため、オニグルミが生えている場所に生息します。食草への執着が強く、オニグルミから遠く離れることは滅多にありません。夕暮れ頃に活発に活動します。

キタアカシジミ(カシワアカシジミ)

2015年7月12日 北海道小樽市
幼虫の食草カシワ
活動時間夕暮れ時

キタアカシジミ(カシワアカシジミ)は、幼虫がカシワを食べるゼフィルスで、見た目はアカシジミと非常に良く似ますが、別種として扱われています。夕暮れ頃に活発に活動します。

ムモンアカシジミ

2022年8月16日 福島県川俣町
幼虫の食草クヌギ、カシワ、ブナなど
活動時間正午前後

アカシジミやウラナミアカシジミは夕方ごろに活動が活発になりますが、ムモンアカシジミは正午頃に活動します。幼虫はアリに世話をしてもらう特殊な蝶で、終齢幼虫はアブラムシなどを食べる半肉食性の蝶です。生息地は局地的です。

チョウセンアカシジミ

2018年6月17日 福島県三島町
幼虫の食草トネリコ
活動時間夕暮れ時

チョウセンアカシジミは生息場所が極めて局地的で、なかなか出会うことの無い蝶です。幼虫はトネリコの葉を食べて成長します。成虫は夕暮れ頃に活発に活動します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました