【綺麗な蝶】日本の美しい蝶10種類の写真を紹介

蝶の写真集
  • 日本に生息する美しい蝶を知りたい。
  • 美しい蝶のフリーで使える写真を探している。

私は2008年から蝶の観察を始めて、これまでに200種類違い蝶を観察してきました。

この記事では、身近で見られる美しい蝶や、普段はなかなか目にすることができない宝石のように輝く蝶の写真を紹介します。

スポンサーリンク

エメラルドグリーンに輝く”森の宝石”と呼ばれる蝶

日本の森には、”森の宝石”と呼ばれるエメラルドグリーンに輝く蝶が生息しています。これらの蝶は”ゼフィルス”と呼ばれることもあります。生息地が局地的であり、成虫の活動期間が短いため、普段の生活の中では目にする機会が少ない蝶ですが、その美しさは日本の蝶の中でも別格ですので、興味を持った人は是非探しに出かけてみて下さい。

ジョウザンミドリシジミ

ジョウザンミドリシジミ

青く輝くジョウザンミドリシジミは、ゼフィルスの中では比較的生息数が多い蝶です。下草によく止まるため、この美しい翅をじっくりと観察することができることが多いです。福島県の磐梯山や青森県の岩木山などに多く生息しています。

メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ

エメラルドグリーンに輝くメスアカミドリシジミは、アイノミドリシジミと良く似ていて非常に美しい蝶です。幼虫はヤマザクラなどのサクラの葉を食べて成長するので、サクラの木があるところで見ることができます。

アイノミドリシジミ

青森県鰺ヶ沢町大字長平町のアイノミドリシジミ

アイノミドリシジミもエメラルドグリーンに輝く美しい蝶です。木の高いところをよく飛ぶため、美しいエメラルドグリーンを見ることができないことも多いです。富山県と石川県にまたがる医王山や福島県の磐梯山などに多く生息しています。

スポンサーリンク

緑色に輝く黒いアゲハチョウ

日本には多くの黒いアゲハチョウが生息しており、その中には緑色に輝く種が何種類かいます。その中でとりわけ美しいのがミヤマカラスアゲハです。

ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハは翅が青緑色に輝く非常に美しい蝶です。山地に生息する蝶で、平地では見る機会は少ないのですが、人気のある蝶ですので名前を知っている人も多いのではないでしょうか。時期や場所によって美しさが異なり、春に北海道で見られるミヤマカラスアゲハが最も美しいと言われています。

スポンサーリンク

都会の空を飛ぶ美しい蝶

普段の生活の中で意識する機会は少ないかもしれませんが、都会の空にも美しい蝶が飛んでいます。その代表がアゲハチョウやアオスジアゲハです。

アオスジアゲハ

アオスジアゲハ

アオスジアゲハは都会の公園などでも普通に見られる蝶ですが、よく見ると青い筋がある美しい蝶です。花の蜜が好きで、吸蜜する姿を目撃する機会も多いと思います。幼虫がクスノキの葉を食べるため、都会の公園をはじめ、様々な場所で生息しています。

アゲハチョウ

アゲハチョウ

日本で最も有名な蝶であるアゲハチョウは、よく見ると黄色と黒色の美しい模様をしています。

スポンサーリンク

優雅に空を飛ぶ大型の蝶

登山などをしていると、優雅に大空を飛ぶ大型の蝶を目にすることがあります。アサギマダラという蝶です。アサギマダラは旅をする蝶で有名で、長距離を飛ぶため、日本の様々な場所で観察することができます。

アサギマダラ

アサギマダラ

アサギマダラは大型でインパクトがあり、滑空するような独特な飛び方をするため、1度目にすると印象に残る蝶です。標高の高い山で見かける機会が多い蝶ですが、平地でも見られることがあります。東京近郊であれば、筑波山で比較的良く見られます。

スポンサーリンク

擬態する蝶

擬態する昆虫は多くいますが、蝶の中で擬態する代表的な種類はコノハチョウとイシガケチョウです。

コノハチョウ

コノハチョウ

コノハチョウはその名が示す通り、枯れた木の葉に擬態しています。翅を閉じると木の葉そっくりで、じっとしていると見つけるのはとても難しいです。

イシガケチョウ

イシガケチョウ

イシガケチョウはその名が示す通り、石崖(石垣)に擬態する蝶です。石崖の上に翅を広げて止まっていると、背景に同化して見つけづらくなります。

スポンサーリンク

美しい”蛇の目”を持つ蝶

日本には蛇の目を持つ蝶が多く生息しています。これらは、昔はジャノメチョウ科と呼ばれていましたが、現在はタテハチョウ科の中のジャノメチョウ亜科として分類されます。蛇の目を持つ蝶の中で、ウラジャノメは蛇の目の数が多い美しい蝶ですので紹介します。

ウラジャノメ

ウラジャノメ

ウラジャノメは山地に生息するため、普段の生活で目にする機会は少ない蝶です。蛇の目がびっしりあり、インパクトのある模様をしています。この蛇の目の模様は、天敵である鳥を混乱させる役割があると言われています。蛇の目を持つ蝶は一般的には地味で蛾と間違えられることも多いのですが、良く見ると非常に美しい模様をしています。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

  1. 香西直樹(こうざい なおき) より:

    六甲山地周辺で「六甲山自然案内人の会」の活動をしております。
    いつもクロアゲハとカラスアゲハの違いで、悩んでおりました。
    このブログを見て、とても丁寧にわかり易く説明してくださり、よく理解することができました。感謝申し上げます。

    • choublog より:

      当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。当ブログを参考にしていただけたということで、大変嬉しく思っております。関西方面は自宅から離れているため、これまであまり蝶の観察に行けていませんが、関西方面に生息している蝶には大変興味があります。今後お世話になることがあるかもしれませんが、その際は是非よろしくお願いいたします。当ブログはまだ立ち上げて間もないこともあり、まだ情報量が不十分ではありますが、今後も有益な情報をお伝えできるよう情報の充実を図っていきます。今後とも是非よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました