オナガシジミ

シジミチョウ科

オナガシジミは、幼虫がクルミの葉を食べるため、クルミが生える平地や山地に生息する蝶です。年1回の発生で、7月から8月頃に成虫が見られます。

この記事では、これまでに観察したオナガシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

オナガシジミの紹介

2018年7月14日栃木県日光市のオナガシジミ
分布北海道、本州、四国、九州
生息環境平地、山地
発生回数年1回
成虫が見られる時期7月から8月頃
越冬の状態卵で越冬
食草オニグルミ
亜種なし

オナガシジミは北海道から九州まで広く日本に生息する蝶です。成虫は年1回の発生で、7月から8月頃に成虫が見られます。オナガシジミは、幼虫がクルミの葉を食べるため、クルミが生える平地や山地に生息します。

オスは主に夕方に活発に活動し、16時半過ぎから日没までが活動のピークになります。メスは活発に活動せず、下草で静止していることが多いです。オナガシジミは食樹からほとんど離れないことも本種の特徴です。

オナガシジミはゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ科の1群の中の1種です。見た目が似た主としてはウスイロオナガシジミミズイロオナガシジミがいます。

スポンサーリンク

オナガシジミの写真集

栃木県日光市

2015年8月1日栃木県日光市のオナガシジミ
2015年8月1日栃木県日光市のオナガシジミ
2018年7月14日栃木県日光市のオナガシジミ

栃木県日光市には非常に多くのゼフィルスが生息しています。これまでに、アイノミドリシジミやメスアカミドリシジミ、フジミドリシジミなどを観察してきました。オナガシジミも日光市に生息するゼフィルスの1種です。オナガシジミは他のゼフィルスと比べて少し遅く発生します。日光市では7月中旬ごろからの発生であるため、観察する時は時期に注意が必要です。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました