ウスイロオナガシジミ~珍しい?生態写真や生息地、食草、越冬、亜種などを解説~

シジミチョウ科
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ウスイロオナガシジミは、ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ科の1群の中の1種で、主に山地に生息する蝶です。個体数は基本的に少なく、出会う機会の少ない蝶の1種です。

この記事では、これまでに観察したウスイロオナガシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ウスイロオナガシジミの紹介

2018年6月30日栃木県那須塩原市のウスイロオナガシジミ
分布北海道、本州、九州
生息環境山地
発生回数年1回
成虫が見られる時期6月から7月頃
越冬の状態卵で越冬
食草ミズナラ、カシワなど
亜種なし

ウスイロオナガシジミは年に1回発生し、6月から7月頃に見られます。分布は北海道から九州までと広いですが、九州では生息地が鹿児島県の1か所のみで、個体数も非常に少ないため絶滅が危惧されています。その他の地域でも基本的に生息数が少なく、出会う機会の少ない蝶です。

活動時間は早朝で緩やかに飛び回りますが、日中は不活発となり下草で静止していることが多い蝶です。花の蜜を吸うことは極めて稀で、樹液に飛来することがあります。

ウスイロオナガシジミはゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ科の1群の中の1種です。見た目が似た主としてはオナガシジミとウスイロオナガシジミがいます。

スポンサーリンク

ウスイロオナガシジミの写真集

福島県猪苗代町

2016年7月11日福島県猪苗代町のウスイロオナガシジミ

福島県にある磐梯山はゼフィルスの宝庫として知られ、多くのゼフィルスが生息しています。私もこれまでに、ウスイロオナガシジミをはじめ、ジョウザンミドリシジミやエゾミドリシジミ、アイノミドリシジミなど、非常に多くのゼフィルスを観察してきました。これまで何度も磐梯山に行っていますが、ウスイロオナガシジミを観察したのは1度だけですので、個体数はそれほど多くないと思われます。

栃木県那須塩原市

2018年6月30日栃木県那須塩原市のウスイロオナガシジミ

栃木県日光市でウスイロオナガシジミを観察しました。観察した時間は午前9時頃です。非常に綺麗な個体であり、近づいても全く逃げなかったため、羽化直後の個体ではないかと思いました。これほど綺麗な個体を接写できたのは初めてでした。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました