ウラクロシジミ

シジミチョウ科

ウラクロシジミは、ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ科の1群の中の1種で、主に山地に生息する蝶です。6月から7月頃に成虫が見られ、主に夕方に活発に活動します。

この記事では、これまでに観察したウラクロシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ウラクロシジミの紹介

2018年6月24日富山県南砺市のウラクロシジミ♂
分布北海道、本州、四国、九州
生息環境山地
発生回数年1回
成虫が見られる時期6月から7月頃
越冬の状態卵で越冬
食草マンサク、マルバマンサク
亜種なし

ウラクロシジミは北海道から九州まで広く分布する蝶で、主に山地に生息します。成虫は年1回の発生で、6月から7月頃に見られます。越冬は卵でして、4月頃に孵化して5月頃に蛹になります。

オスは基本的に夕方に活発に活動し、18時頃が活動のピークになります。活動時間帯はそれほど高くない位置を緩やかに飛翔します。一方でメスは明確な活動時間はなく、葉の上で静止していることが多いです。

ウラクロシジミはゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ科の1群の中の1種です。

スポンサーリンク

ウラクロシジミの写真集

富山県南砺市

2018年6月23日富山県南砺市のウラクロシジミ♂
2018年6月24日富山県南砺市のウラクロシジミ♂

富山県と石川県の県境にある医王山でウラクロシジミを観察しました。医王山はゼフィルスが多産する場所で有名で、これまでにアイノミドリシジミやジョウザンミドリシジミ、エゾミドリシジミなど、非常に多くのゼフィルスを観察しました。短い滞在時間ではありましたが、ウラクロシジミも複数頭観察することができました。この写真の2頭の個体は翅が痛んでおらず非常に美しい個体であったことから、まだ羽化してそれほど日数が経過していないと考えられます。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました