ヒオドシチョウ

タテハチョウ科

ヒオドシチョウは、キタテハやシータテハ、エルタテハと見た目が似ている蝶で、キタテハよりは見る機会は少ないですが、シータテハやエルタテハよりは普通に見られる蝶です。翅に青色の縁取りがあるのが特徴です。

この記事では、これまでに観察したヒオドシチョウの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ヒオドシチョウの紹介

2015年6月13日栃木県日光市のヒオドシチョウ
分布北海道、本州、四国、九州
生息環境山地
発生回数年1回
成虫が見られる時期周年
越冬の状態成虫で越冬
食草エノキ、ハルニレなど
亜種なし

ヒオドシチョウは年1回の発生で、5月下旬から6月上旬頃に羽化します。その後は成虫で越冬し、長ければ翌年の5月頃まで生きます。かつては市街地の均衡でも普通に見られた蝶ですが、開発により個体数を減らしています。分布は北海道から九州まで広く、東京都にも生息しています。

キタテハやシータテハ、エルタテハと見た目が似ますが、エルタテハは翅に青色の縁取りがあることで見分けることが可能です。

スポンサーリンク

ヒオドシチョウの見分け方

キタテハ、シータテハ、エルタテハ、ヒオドシチョウは見た目が非常に良く似ます。ここでは、シータテハの見分け方を紹介します。

ヒオドシチョウの見分け方

見分けるポイントは2点あります。

1点目は、後翅の裏面の白斑がキタテハはC字かL字型になります。これが、シータテハはC字形、エルタテハはL字形になります。

2点目は後翅の外縁の尾状突起部がキタテハは尖ります。これがシータテハやエルタテハ、ヒオドシチョウは丸まります。

スポンサーリンク

ヒオドシチョウの写真集

栃木県日光市

2015年6月13日栃木県日光市のヒオドシチョウ

栃木県日光市で観察したヒオドシチョウです。非常に綺麗な個体であったことから、越冬個体ではなく、この年に羽化した個体と考えられます。青色の縁取りも綺麗に出ています。

茨城県つくば市&桜川市

2015年5月30日茨城県つくば市のヒオドシチョウ
2018年4月8日茨城県つくば市のヒオドシチョウ
2015年6月7日茨城県桜川市のヒオドシチョウ

茨城県にある筑波山にヒオドシチョウは生息しています。ヒオドシチョウは花の蜜や樹液などに集まります。また、翅の裏側は枯葉のような模様をしており、木に止まると背景に溶け込みます。

東京都八王子市

2015年4月12日東京都八王子市のヒオドシチョウ

東京都内にもヒオドシチョウは生息しています。八王子市内を散歩していると、越冬個体のヒオドシチョウを発見しました。ヒオドシチョウは成虫で越冬するため、気温が高くなると越冬から目覚めて飛び始めます。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました