キタテハ

タテハチョウ科

キタテハは北海道から九州まで広く分布し、都市近郊でも普通に見られる蝶です。北海道ではかつては普通に見られましたが、近年は記録がありません。

この記事では、これまでに観察したキタテハの写真を紹介します。

スポンサーリンク

キタテハの紹介

2014年8月31日群馬県長野原町のキタテハ
分布北海道、本州、四国、九州
生息環境平地
発生回数年3~5回程度
成虫が見られる時期周年
越冬の状態成虫で越冬
食草カナムグラなど
亜種なし

キタテハは1年に3~5回発生し、成虫で越冬するため、ほぼ1年中成虫が見られる蝶です。分布は北海道から九州まで広いのですが、北海道では近年は記録がありません。北海道以外の地域では普通に見られ、東京都心でも普通に生息しています。キタテハは、シータテハやエルタテハ、ヒオドシチョウと見た目が似ており、特にシータテハに似ます。

スポンサーリンク

キタテハの写真集

福島県猪苗代町

2017年7月8日福島県猪苗代町のキタテハ

福島県猪苗代町で見つけたキタテハです。キタテハの翅の裏側は枯葉のような模様をしており、背景に溶け込みます。

群馬県長野原町

2014年8月31日群馬県長野原町のキタテハ

群馬県長野原町で観察したキタテハです。キタテハは花の蜜や樹液などに集まります。

茨城県つくば市

2019年3月20日茨城県つくば市のキタテハ

茨城県にある筑波山で観察したキタテハです。キタテハは成虫で越冬します。この個体は越冬した個体で、暖かくなってきたことから冬眠から目覚めた個体です。暖かい日であれば、冬でもキタテハを観察できます。

茨城県土浦市

2019年5月3日茨城県土浦市のキタテハ

茨城県土浦市で観察したキタテハです。タンポポの蜜を吸っています。翅が痛んでいることから、1年前の秋に産まれて越冬した個体と考えられます。

東京都文京区

2018年3月4日東京都文京区のキタテハ

キタテハは東京都内にも普通に生息しています。この個体は東京都文京区の小石川植物園で観察した個体です。

愛知県日進市

2016年9月22日愛知県日進市のキタテハ

愛知県日進市で観察したキタテハです。キタテハの翅の裏側は枯葉の模様をしているため、葉っぱの上に止まると背景に溶け込みます。これは、枯葉に擬態することにより、天敵である鳥から身を守っていると考えられます。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました