チョウセンアカシジミ

シジミチョウ科

チョウセンアカシジミは日本では岩手県、山形県、新潟県に局地的に生息する珍しい蝶です。生息地では、平地や低山地の河川沿いや湿地周辺の樹林に生息しています。

この記事では、これまでに観察したチョウセンアカシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

チョウセンアカシジミの紹介

2018年6月17日福島県三島町のチョウセンアカシジミ
分布本州
生息環境平地
発生回数年1回
成虫が見られる時期6月から7月頃
越冬の状態卵で越冬
食草トネリコ
亜種なし

チョウセンアカシジミは日本では本州のみに生息し、本州の中でも岩手県、山形県、新潟県の3県にしか生息しません。また、この3県の中でも生息地は局地的で、普段の生活の中ではなかなか出会える蝶ではありません。過去生息していた場所でも、各種開発により絶滅した地域もあり、絶滅が危惧される蝶の1種です。なお、新潟県中部でもチョウセンアカシジミが見られますが、これは人為的に移入した個体です。

成虫は年1回の発生で、6月下旬頃から7月頃に見られます。日中は不活発で、主に夕方から日没頃に活発に活動し、緩やかに飛びます。飛び方はウラゴマダラシジミに似ます。

ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ科の1群の中の1種です。

スポンサーリンク

チョウセンアカシジミの写真集

福島県三島町

2018年6月17日福島県三島町のチョウセンアカシジミ
2018年6月17日福島県三島町のチョウセンアカシジミ

福島県三島町で観察したチョウセンアカシジミです。この場所は人工的に飼育している場所であり、完全な野生のチョウセンアカシジミではありません。野生のチョウセンアカシジミは岩手県、山形県、新潟県の3県にしか生息しません。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました