ツマジロウラジャノメ

タテハチョウ科

ツマジロウラジャノメは、翅の先が白いウラジャノメです。山地の露岩地に生息する蝶で、どこでも見られる蝶ではありません。

この記事では、これまでに観察したツマジロウラジャノメの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ツマジロウラジャノメの紹介

ツマジロウラジャノメ
分布北海道、本州、四国
生息環境山地
発生回数年3回
成虫が見られる時期6月から9月頃まで
越冬の状態幼虫で越冬
食草ヒメノガリヤスなどのイネ科の植物
亜種名義タイプ亜種、本州亜種、四国亜種

ツマジロウラジャノメは、その名の通り。翅の端に白い模様があるジャノメチョウです。本州以外にも北海道や四国に生息していて、北海道産は名義タイプ亜種、本州産は本州亜種、四国産は四国亜種とされており、北海道に生息する名義タイプ亜種はエゾツマジロウラジャノメと呼ばれることもあります。寒冷地の個体は暖地の個体と比べて小型になる傾向があります。

スポンサーリンク

ツマジロウラジャノメの写真集

群馬県長野原町

2014年8月31日群馬県吾妻郡長野原町で観察したツマジロウラジャノメ

2014年8月31日に群馬県吾妻郡長野原町に行ってきました。時期が8月末ということもあり、珍しい蝶に出会えることは期待していませんでした。ですが、こういった期待していない時にこそ、思いがけない出会いがあるものだと実感しました。これまで見たことがなかったツマジロウラジャノメに出会うことができました。事前のリサーチは全くしておらず、この場所にツマジロウラジャノメが生息しているとは全く想定していませんでした。

ツマジロウラジャノメの生息地は局地的であり、険しい崖などに生息することが多いため、ピンポイントで観察に行かなければ見つけることが難しい蝶ですので、まさかこの場所で出会えるとは思っていませんでした。幸運なことに、タンポポで吸蜜を始めたため、少し距離は遠かったものの何とか撮影することができました。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました