ウラギンシジミ~珍しい?生態写真や生息地、食草、越冬、亜種などを解説~

シジミチョウ科
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ウラギンシジミは、日本で唯一のウラギンシジミ亜科に属する蝶です。和名ウラギンシジミが示す通り、翅の裏面が銀白色であることが特徴的なシジミチョウ科の蝶です。平地に生息し、都市近郊でも普通に見られ、俊敏に飛翔してよく止まります。

この記事では、これまでに観察したウラギンシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ウラギンシジミの紹介

2017年6月17日埼玉県さいたま市のウラギンシジミ
分布本州、四国、九州、沖縄
生息環境平地
発生回数年2回程度
成虫が見られる時期周年
越冬の状態成虫で越冬
食草クズ、フジ、クララなど
亜種なし

ウラギンシジミはふつう年2回の発生で、成虫で越冬するため冬季でも暖かければ飛ぶことがあります。日本で唯一のウラギンシジミ亜科に分類される蝶で、翅の裏面が銀白色であることが特徴です。翅の表面はオスとメスで異なり、オスは橙赤色、メスは白色の斑紋があります。飛び方は非常に俊敏です。

成虫は花の蜜はほとんど吸わず、腐った果物の果汁を吸ったり、地面で吸水したりします。

分布は本州以南で、北海道には生息していません。主に平地に生息する蝶で特段珍しくはなく、東京都心でも普通に生息しています。

スポンサーリンク

ウラギンシジミの写真集

埼玉県さいたま市

2017年6月17日埼玉県さいたま市のウラギンシジミ

埼玉県さいたま市で観察したウラギンシジミです。ウラギンシジミはこの写真の個体のように、裏面が銀白色であることが特徴です。似た種はいないため、容易に見分けることが可能です。

千葉県習志野市

2015年10月25日千葉県習志野市のウラギンシジミ♀
2015年10月25日千葉県習志野市のウラギンシジミ♂

千葉県習志野市で観察したウラギンシジミです。ウラギンシジミはオスとメスで表面の色が異なり、上の写真がメス(白色の斑紋)で、下の写真がオス(橙赤色の斑紋)です。

和歌山県高野町

2017年9月11日和歌山県高野町のウラギンシジミ

和歌山県高野町で観察したウラギンシジミです。ウラギンシジミは花の蜜を吸うことは稀で、多くの場合は腐った果物の果汁や獣糞、地面の水分を吸います。この写真のウラギンシジミは地面の水分を吸っています。近づくと俊敏に飛び回りますが、またすぐ同じ場所に戻って吸水を始めます。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました