キマダラモドキ~珍しい?生態写真や生息地、食草、越冬、亜種などを解説~

蝶の図鑑

キマダラモドキはキマダラヒカゲに似た蝶として名付けられました。北海道から九州まで広く分布しますが、開発などにより個体数が減少しており、絶滅が危惧される蝶となっています。

この記事では、これまでに観察したキマダラモドキの写真を紹介します。

スポンサーリンク

キマダラモドキの紹介

2014年8月24日山梨県富士河口湖町のキマダラモドキ
分布北海道、本州、四国、九州
生息環境平地、山地
発生回数年1回
成虫が見られる時期7月から8月頃
越冬の状態幼虫で越冬
食草ススキ、カモジグサなど
亜種なし

キマダラモドキは北海道から九州まで広い範囲に分布していますが、生息地は局地的で個体数は多くはありません。成虫は基本的に年1回の発生で、7月から8月頃に見られますが、過去には大阪府などで10月に第2化の新鮮な個体が観察されたことがあります。

日中はあまり活発に活動せず、夕方に活発に活動して林の中の日陰を緩やかに飛翔します。成虫は樹液や獣糞、地面に落ちた果物などの汁を吸います。

スポンサーリンク

キマダラモドキの写真集

山梨県富士吉田市

2014年8月24日山梨県富士河口湖町のキマダラモドキ

山梨県富士吉田市にある梨ケ原(自衛隊の北富士演習場)にはゴマシジミやヒメシロチョウなど、珍しい蝶が多く生息しています。キマダラモドキも梨ケ原に生息している珍しい蝶の1種です。梨ケ原で木が生えている場所をよく見てみると、キマダラモドキが観察できました。

山梨県市川三郷町

2009年9月20日山梨県市川三郷町のキマダラモドキ

山梨県市川三郷町の道路を歩いていると、偶然気にとまったキマダラモドキを発見しました。キマダラモドキは全国的に数を減らしており、観察する機会が少ないため、道端で出会えるとは思っていませんでした。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました