アゲハチョウ(ナミアゲハ)

アゲハチョウ科

ナミアゲハは日本で最も有名な蝶の1種で、北海道から九州、南西諸島、小笠原諸島まで全国に広く分布する蝶です。

この記事では、これまでに観察したアゲハチョウ(ナミアゲハ)の写真を紹介します。

スポンサーリンク

アゲハチョウの紹介

2008年8月17日愛知県日進市のアゲハチョウ
分布北海道・本州・四国・九州・沖縄
生息環境平地
発生回数年3~5回程度
成虫が見られる時期4月頃から10月頃まで
越冬の状態蛹で越冬
食草ミカン科の植物
亜種なし

ナミアゲハは北海道から九州、南西諸島、小笠原諸島まで全国に広く分布する蝶で、平地から低山地に多く生息します。また、日本蝶類図説に記載のある通り、春に成虫となる春型と夏に成虫となる夏型で大きさや模様が異なる特徴があり、春型の方が小型で、外縁黒帯の幅が狭いなどの特徴があります。

日本蝶類図説(1904年の図鑑)

1904年に出版された日本蝶類図説(宮島幹之助)という図鑑があります。ここに記載されている内容を紹介します。

宮島幹之助(1904)『日本蝶類図説』.

全翅淡緑色にして、黒紋黒條多く、翅縁翅脉も亦黒し。前翅中室に黒色の縦線と横紋あり。淡緑色中央方斑列は後縁に近づくに従い横に長く、外縁も半月淡緑色紋列あり。後翅基部は淡緑色にして、外縁黒色部に藍色の粉鱗散布し、外縁列半月紋は又淡緑色にして肛角紋は橙黄色中に一小黒點を有す。尾状部は深黒なり。春生は小にして淡緑色多く、夏生は大にして黒色部廣し。

●期節 三月ー十月

●産地 北海道、本島、四国、九州、琉球

●仔虫 緑色にして、からたち、いぬざんせう等の葉を食し、緑色の帯蛹を作くる

宮島幹之助(1904)『日本蝶類図説』.

この様に、当時から日本全国に分布して、ミカン科の植物を食草とすることがわかっていたようです。また、春型と夏型の違いについてもすでに判明していたことがわかります。

スポンサーリンク

アゲハチョウの写真集

東京都文京区

2008年5月18日東京都文京区のアゲハチョウ
2017年5月28日東京都文京区のアゲハチョウ

アゲハチョウは北海道から沖縄まで広く平地に生息しているため、日本で最もポピュラーの蝶です。東京都心部でも普通に見られます。この写真は東京都文京区の小石川植物園で観察したアゲハチョウです。小石川植物園では多くのアゲハチョウを観察することができます。

山梨県富士河口湖町

2010年7月24日山梨県富士河口湖町のアゲハチョウ

山梨県の富士河口湖町で観察したアゲハチョウです。アゲハチョウは平地から低山地に生息します。山地では見かけることはあまりありません。

愛知県日進市

2008年8月17日愛知県日進市のアゲハチョウ

愛知県日進市で観察したアゲハチョウです。アゲハチョウは赤色の花を好んで訪れ蜜を吸います。アゲハチョウに限らず、クロアゲハやキアゲハなど他のアゲハチョウ科の蝶も赤色の花を好んで訪れます。赤色のツツジに蜜を吸いに来るアゲハチョウ科の蝶を見かける機会が良くあります。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました