ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)

アゲハチョウ科

ウスバシロチョウは、モンシロチョウやモンキチョウが属するシロチョウ科の蝶と勘違いされがちですが、アゲハチョウ科に分類される蝶です。成虫は4月から6月頃にのみ見られ、草地などを滑空するように飛翔します。

この記事では、これまでに観察したウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)の写真を紹介します。

スポンサーリンク

ウスバシロチョウの紹介

2015年6月13日栃木県日光市のウスバシロチョウ
分布北海道・本州・四国
生息環境平地・山地
発生回数年1回
成虫が見られる時期4月頃から6月頃まで
越冬の状態卵で越冬
食草ムラサキケマンなどのケマンソウ科の植物
亜種なし

ウスバシロチョウはウスバアゲハとも呼ばれ、アゲハチョウ科に分類される蝶です。緩やかに滑空するように飛翔し、花をよく訪れます。成虫は暖地では4月から5月頃に見られ、寒冷地では6月頃まで見られます。

北海道から本州、四国まで広い範囲に生息していますが、九州や沖縄には生息していません。本州や四国では似た種はいませんが、北海道ではヒメウスバシロチョウ(別名ヒメウスバアゲハ)が生息しており、見た目が非常に良く似ているため、同定には注意が必要です。

スポンサーリンク

ウスバシロチョウの写真集

福島県三島町

2018年6月17日福島県三島町のウスバシロチョウ

福島県三島町で観察したウスバシロチョウです。6月中旬でしたがまだ生き残りのウスバシロチョウを観察することができました。関東では6月中旬にウスバシロチョウを見ることは基本的にできませんが、寒冷地であれば6月までウスバシロチョウを見ることができます。

栃木県日光市

2015年6月13日栃木県日光市のウスバシロチョウ

栃木県日光市でウスバシロチョウを観察できました。日光の標高の高い場所であったため、6月中旬でもまだウスバシロチョウを観察することができました。

埼玉県日高市

2009年5月13日埼玉県日高市のウスバシロチョウ

東京近郊でもウスバシロチョウは観察できます。埼玉県日高市に生息するウスバシロチョウを観察しました。この場所では比較的多くの個体を観察することができました。

埼玉県嵐山町

2015年4月29日埼玉県嵐山町のウスバシロチョウ

埼玉県嵐山町にある蝶の里公園でウスバシロチョウを観察しました。蝶の里公園は東京都心から比較的近い場所で、多くの蝶を観察できます。ウスバシロチョウも安定して観察できますので、東京都心にお住いでウスバシロチョウを観察したいと考えている方は是非訪れてみて下さい。

静岡県浜松市

2018年6月2日静岡県浜松市のウスバシロチョウ

静岡県浜松市で観察したウスバシロチョウです。6月ということもあり、ウスバシロチョウの季節は終わりを迎える時期です。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました