タイワンキチョウ~珍しい?生態写真や生息地、食草、越冬、亜種などを解説~

シロチョウ科
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

タイワンキチョウは日本では沖縄県の八重山諸島にのみ生息する蝶で、台湾に産する蝶の意味で名付けられました。キタキチョウやミナミキチョウと見た目が非常によく似るため、同定には注意が必要です。

この記事では、これまでに観察したタイワンキチョウの写真を紹介します。

スポンサーリンク

タイワンキチョウの紹介

2016年3月21日沖縄県石垣市のタイワンキチョウ(低温期型)
分布沖縄
生息環境山地
発生回数ほぼ周年
成虫が見られる時期ほぼ周年
越冬の状態ほぼ周年
食草アカハダノキ、ハスノミカラズなど
亜種なし

タイワンキチョウは日本では沖縄の八重山諸島にのみ生息する蝶です。成虫はほぼ周年で見られます。キタキチョウやミナミキチョウと見た目が非常に良く似るため、同定には注意が必要です。一般的に、ミナミキチョウより個体数は少ないと言われています。

主に山地に生息しており、日中に林縁などを飛翔し、花の蜜を吸うほか、地面から吸水する姿も見られます。

タイワンキチョウは低温期に発生する個体(低温期型)と高温期に発生する個体(高温期型)で翅の模様が異なります。

スポンサーリンク

タイワンキチョウの写真集

沖縄県石垣市

2016年3月20日沖縄県石垣市のタイワンキチョウ(高温期型)
2016年3月21日沖縄県石垣市のタイワンキチョウ(低温期型)

沖縄県の石垣島でタイワンキチョウを観察しました。タイワンキチョウは見た目がキタキチョウやミナミキチョウと非常に良く似ており、これらの種も八重山諸島に生息しているため、同定に苦労します。タイワンキチョウは低温期に発生する個体(低温期型)と高温期に発生する個体(高温期型)で翅の模様が異なり、上の写真の個体は高温期型、下の写真の個体は低温期型になります。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました