トラフシジミ

シジミチョウ科

トラフシジミは北海道から九州まで広く分布して特段珍しい蝶ではありませんが、個体数は必ずしも多くなく、たまに出会うことができる蝶です。季節による変異があり、春型と夏型で色彩が異なります。

この記事では、これまでに観察したトラフシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

トラフシジミの紹介

2009年4月9日埼玉県所沢市のトラフシジミ
分布北海道、本州、四国、九州
生息環境平地、山地
発生回数年2回程度
成虫が見られる時期4月から8月頃
越冬の状態蛹で越冬
食草フジ、クズなど
亜種なし

トラフシジミは北海道から九州まで広く分布します。平地にも生息し、東京近郊でも見られますが、個体数はそれほど多くはありません。山地では比較的安定して見られます。

成虫は通常年2回の発生で、4月頃から第1化が発生しはじめ、第2化は6月頃から発生し始めます。一方で、北海道や本州の寒冷地では年1回の発生になります。第1化(春型)と第2化(夏型)では色彩が異なり、春型は翅の裏面の白色が濃いのに対して、夏型は白色が薄くなります。

日中に活動し、オスは午後に占有行動をとることがあります。俊敏に飛翔し、花の蜜をよく吸います。

スポンサーリンク

トラフシジミの写真集

茨城県北茨城市

2018年5月5日茨城県北茨城市のトラフシジミ

茨城県北茨城市の山地でトラフシジミを観察しました。5月に観察した個体で、裏面の白色が濃いため第1化の春型であることが分かります。トラフシジミはよく見ると白色やオレンジ色の模様が美しい蝶です。この写真ではわかりませんが、翅の表面は美しい青色をしています。

埼玉県所沢市

2009年4月9日埼玉県所沢市のトラフシジミ

埼玉県所沢市でトラフシジミを観察しました。トラフシジミは東京近郊でも見ることができます。この個体は4月に観察した個体ですので、第1化(春型)です。裏面の白色が濃く美しい模様をしています。

長野県松本市

2011年8月17日長野県松本市のトラフシジミ

長野県松本市でトラフシジミを観察しました。この個体は8月に観察した個体で、裏面の白色が薄いため、第2化の夏型であることが分かります。春型と夏型は色彩が異なるため、かなり印象が違います。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました