ジャコウアゲハ~珍しい?生態写真や見分け方、生息地、食草、越冬、亜種などを解説~

アゲハチョウ科

ジャコウアゲハは河川敷から平地、山地等、様々な環境に生息します。滑空するようにゆったりと飛ぶことが多く、メスはオスに比べて色が薄いことや、腹が赤もしくは黄色なのが特徴です。ジャコウアゲハはその他の黒色のアゲハチョウ科の蝶と見た目が似ており、特にオナガアゲハとよく似るため同定には注意が必要です。

この記事では、これまでに観察したジャコウアゲハの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ジャコウアゲハの紹介

2019年5月3日茨城県土浦市のジャコウアゲハ
分布本州・四国・九州・沖縄
生息環境平地・山地
発生回数年3回程度
成虫が見られる時期4月頃から9月頃まで
越冬の状態蛹で越冬
食草ウマノスズクサなど
亜種日本本土亜種、屋久島亜種、奄美・沖縄亜種、宮古亜種、八重山亜種

和名の由来は雄が麝香 (ジャコウ)のような香りを発することからジャコウアゲハと名付けられました。宮島幹之助(1904)『日本蝶類図説』によると、昔は「やまじょうらう」と呼ばれていたようです。また、蛹は昔「お菊虫」と呼ばれていました。

本種は河川敷から平地、山地等、様々な環境に生息します。滑空するようにゆったりと飛ぶことが多く、メスはオスに比べて色が薄いことや、腹が赤もしくは黄色なのが特徴です。幼虫の食草であるウマノスズクサは毒があり、成虫になってもその毒を腹にため込み、鳥に捕食されないようにすると考えられています。成虫は年に3~4回発生します。東北地方から南部に広く分布します。

亜種として、日本本土亜種(alcinous)、屋久島亜種(yakushimana)、奄美・沖縄亜種(loochooana)、宮古亜種(miyakoensis)、八重山亜種(bradanus)が存在します。

ジャコウアゲハはその他の黒色のアゲハチョウ科の蝶と見た目が似ており、特にオナガアゲハとよく似るため同定には注意が必要です。ジャコウアゲハは胴体(腹部)の色が黄色か赤色になることで見分けることができます。

スポンサーリンク

ジャコウアゲハの見分け方

黒色系のアゲハチョウ科は、どれも見た目が見ているため、蝶に初めて興味を持った方は混乱しがちだと思います。ですが、それぞれの蝶の特徴と見分け方を押さえておけば、決して難しいことはありません。以下で見分け方を一覧で紹介しますので、迷ったときにはこれらの特徴を確認いただければと思います。

ジャコウアゲハは特にオナガアゲハと見た目がよく似ます。見分け方としては、胴体(腹部)の色が、オナガアゲハは黒であるのに対して、ジャコウアゲハは黄色か赤色になります。

スポンサーリンク

ジャコウアゲハの写真集

茨城県土浦市

2019年5月3日茨城県土浦市のジャコウアゲハ

茨城県土浦市でジャコウアゲハが非常に多く生息する場所を見つけました。ジャコウアゲハは他の黒いアゲハと比べてゆったり滑空するように飛ぶため、飛んでいても見分けることができます。

埼玉県日高市

2009年5月13日埼玉県日高市のジャコウアゲハ

ジャコウアゲハは東京近郊でも見られます。河川敷や公園、広場などでウマノスズクサがある場所に生息しています。この個体は黒色のジャコウアゲハですのでオスとわかります。メスは翅の色が黒色ではなく、暗灰色をしています。

神奈川県箱根町

2009年6月19日神奈川県箱根町のジャコウアゲハ

神奈川県箱根町で多くのジャコウアゲハが生息していました。この個体は翅の色が暗灰色ですのでメスとわかります。

沖縄県石垣市

2016年3月21日沖縄県石垣市のジャコウアゲハ

沖縄県石垣島には非常に多くのジャコウアゲハが生息していました。石垣島のジャコウアゲハは八重山亜種として扱われ、日本本土亜種とは別の亜種となります。ジャコウアゲハは飛び方がゆったりしていますが、石垣島の個体は飛び方がさらにゆったりしていました。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました