ギンイチモンジセセリ

蝶の写真集

セセリチョウ科の蝶は地味な色や模様の蝶が多いのですが、その中でギンイチモンジセセリは金色の翅に銀白条の模様がある美しい蝶です。

この記事では、これまでに観察したギンイチモンジセセリの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ギンイチモンジセセリの紹介

2019年5月5日茨城県土浦市のギンイチモンジセセリ
分布北海道・本州・四国・九州
生息環境平地から山地の草原
発生回数年2~3回程度
成虫が見られる時期4月頃から9月頃まで
越冬の状態幼虫で越冬
食草ススキなどのイネ科の植物
亜種なし

セセリチョウ科の蝶は地味な色や模様の蝶が多いのですが、その中でギンイチモンジセセリは金色の翅に銀白条の模様がある美しい蝶です。昔は農地周辺の草原などで普通に見られた蝶ですが、草原の放棄により全国的に数を減らしており、現在では絶滅が危惧される蝶となっています。

成虫は年2~3回発生し、4月頃から9月頃まで見られます。季節により模様が異なることが知られており、4月頃に発生する第1化は銀白条が明確になるのに対して、第2化以降の個体はこの銀白条が薄くなります。

飛び方は緩やかで、ひらひらと草原の下草を飛びます。飛んでいるときは真っ黒の蝶に見えます。

スポンサーリンク

ギンイチモンジセセリの写真集

栃木県宇都宮市

2018年7月8日栃木県宇都宮市のギンイチモンジセセリ

栃木県宇都宮市の鬼怒川河川敷でギンイチモンジを観察しました。この個体は第2化の個体で、銀白条が薄く不明瞭となっています。河川敷はギンイチモンジの生息地になることがあります。

栃木県日光市

2015年6月20日栃木県日光市のギンイチモンジセセリ

栃木県日光市で観察したギンイチモンジセセリです。ギンイチモンジセセリはの翅の表面はこの様に黒っぽい地味な色をしています。

茨城県土浦市

2019年5月5日茨城県土浦市のギンイチモンジセセリ

茨城県土浦市では、市街地に多くのギンイチモンジが生息していました。ギンイチモンジは全国的に数を減らしており、見られる場所が限られる蝶ですが、土浦市では比較的数が多く驚きました。

埼玉県所沢市

2009年4月22日埼玉県所沢市のギンイチモンジセセリ

埼玉県所沢市の狭山丘陵でギンイチモンジを観察しました。ギンイチモンジは生息地が局地的で、絶滅が危惧される蝶ですが、東京近郊でもまだ観察することができます。この個体は春型で、銀白条が明瞭です。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました