シルビアシジミ

シジミチョウ科

シルビアシジミは個体数が全国的に減少しており、絶滅が危惧される蝶の1種です。ヤマトシジミと見た目が非常に良く似ますが、シルビアシジミは極めて局地的に生息する蝶ですので、都市近郊で本種が見られることは一部地域を除いて基本的にありません。

この記事では、これまでに観察したシルビアシジミの写真を紹介します。

スポンサーリンク

シルビアシジミの紹介

2015年8月29日兵庫県伊丹市のシルビアシジミ
分布本州、四国、九州
生息環境平地
発生回数年4回程度
成虫が見られる時期4月から11月頃
越冬の状態幼虫で越冬
食草ミヤコグサ、シロツメクサなど
亜種なし

シルビアシジミは本州と四国、九州に生息しますが、生息地は極めて局地的で、個体数も多くないため、絶滅が危惧される蝶の1種です。成虫は4月頃から11月頃まで観察することができます。

幼虫の主な食草はミヤコグサですが、兵庫県に生息する個体はシロツメクサを食べます。ミヤコグサを食草とする個体は草地環境の悪化により全国的に減少していますが、シロツメクサを食草とする個体は安定して生息しています。

ヤマトシジミと見た目は非常に良く似ますが、ヤマトシジミは平地で一般的なのに対して、シルビアシジミは極めて局地的にしか生息しませんので、普段見られるのはヤマトシジミであることがほとんどです。

スポンサーリンク

シルビアシジミの見分け方

シルビアシジミの見分け方

シルビアシジミは見た目はヤマトシジミの非常に良く似ます。シルビアシジミは外縁の斑点が目立つことと、後翅の裏面の3点が一直線ではなく折れ曲がることでヤマトシジミと見分けることが可能です。

スポンサーリンク

シルビアシジミの写真集

栃木県さくら市

2009年9月11日栃木県さくら市のシルビアシジミ

栃木県さくら市の鬼怒川河川敷でシルビアシジミを観察しました。この場所はシルビアシジミを保護しており、安定して生息しています。シルビアシジミ以外にも、ミヤマシジミやツマグロキチョウなどの絶滅が危惧される蝶が生息しています。

兵庫県伊丹市

2015年8月29日兵庫県伊丹市のシルビアシジミ

兵庫県伊丹市の猪名川河川敷でシルビアシジミを観察しました。シルビアシジミの幼虫は普通はミヤコグサを食草としますが、ここに生息する個体はシロツメクサに食草を変更したことが知られています。ミヤコグサを食草とする個体は草地環境の悪化により全国的に数を減らしていますが、ここに生息する個体のようにシロツメクサを食草とする個体は安定した個体数を維持しています。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました