ミナミキチョウ

シロチョウ科

ミナミキチョウは日本では奄美諸島や沖縄にのみ生息する蝶です。かつてはキタキチョウと同種として扱われ、単に”キチョウ”と呼ばれていましたが、現在は別種とされています。見た目はキタキチョウやタイワンキチョウと非常に良く似ているため、同定には注意が必要です。

この記事では、これまでに観察したミナミキチョウの写真を紹介します。

スポンサーリンク

ミナミキチョウの紹介

2016年3月20日沖縄県石垣市のミナミキチョウ
分布奄美諸島、沖縄
生息環境平地、山地
発生回数周年
成虫が見られる時期周年
越冬の状態周年
食草ハマセンナ、モクセンナなど
亜種なし

ミナミキチョウは、以前はキタキチョウと同種と考えられていましたが、現在は別種として扱われます。奄美大島と沖縄にのみ生息し、近縁種であるキタキチョウやタイワンキチョウと見た目が非常に良く似るため、同定には注意が必要です。発生は周年で、季節を問わず成虫が観察できます。

成虫は草地や林間の低い場所を飛び、花の蜜を吸う姿がよく見られます。様々な植物を食草とするため、生息地での個体数の減少は見られません。

スポンサーリンク

ミナミキチョウの写真集

沖縄県石垣市

2016年3月20日沖縄県石垣市のミナミキチョウ

沖縄県の石垣島でミナミキチョウを観察しました。見た目はキタキチョウやタイワンキチョウと非常に良く似ているため、同定には同定には注意が必要です。飛翔している状態では見分けることができなかったため、静止した状態をよく観察してミナミキチョウと同定しました。奄美諸島や沖縄諸島では比較的普通に見られると言われていますが、この時に観察できたのはこの1頭だけでした。

スポンサーリンク

写真の利用について

この記事に限らず、このブログに掲載している写真はフリーに使っていただいて問題ありません。注意事項を以下に記載しますので、ご一読下さい。

  • このブログに掲載している全ての写真は、基本的に自由に使っていただいて問題ありません。事前連絡も不要です。
  • ただし、出典及びリンク(URL)は必ずご記載いただきますようお願いします。特に、インターネット上に当ブログの写真を掲載する場合は、リンク先の掲載を必ずお願いいたします(リンク先:https://www.choublog.site/)。
  • サイズの大きい画像をご希望の場合等については、お問い合わせフォームから個別にお問い合わせをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました