【石砂山のギフチョウ】神奈川県相模原市の関東唯一の生息地

蝶の生息地

この記事では、

  • ギフチョウに興味がある
  • 関東周辺に住んでいて、ギフチョウを一度見てみたい

という方向けに、関東地方で唯一ギフチョウが観察できる神奈川県の石砂山(いしざれやま)という場所を紹介します。

スポンサーリンク

関東地方のギフチョウ

ギフチョウは今では関東地方でこの石砂山にのみ生息しますが、かつてはもっと広い範囲に生息をしていました。昔は多摩丘陵が太平洋側の分布の東限でしたが現在は絶滅しています。また、1973年ごろまでは、八王子の高尾山一帯の小仏峠などでも採集されています

今は絶版になっている「ギフチョウ88か所めぐり(蝶研出版)」という本を見ると、以下の記載があります。

今からもう20年以上も前の話になるが、私が中学1、2年生の頃、ギフチョウ採集といえば、裏高尾か小倉山と決めており、夏休みの天気の良い日には毎日のように通ったものである。

どこにでもといってよいほどギフチョウが見られた。経験の浅かった私にとっては、ギフチョウよりも、むしろ目立ちにくいコツバメの方が珍しい蝶に思えて夢中になって採集していた記憶が残っている。

『ギフチョウ88か所めぐり』(蝶研出版、1989年3月10日)

このことからも、1970年頃までは裏高尾のあたりで普通に見られたことがわかります。

しかしながら、関東地方では石砂山を除いてすべての場所でギフチョウは絶滅してしまいました。石砂山の環境だけは、何とか残していきたいものです。なお、石砂山に生息するギフチョウは、「ギフチョウとその生息地」として神奈川県指定天然記念物に指定されていて、採集などが禁止されていますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

石砂山で観察した蝶の写真

石砂山は、山麓の駐車場から徒歩で山頂に登ることができます。標高は578mとそれほど高くないため、登山初心者でも比較的簡単に登れる山ですので、手軽にギフチョウを見に行くことができます。以下では、石砂山で確認できた蝶を紹介します。

ギフチョウ

石砂山のギフチョウ

まず最初に紹介するのはギフチョウです。ギフチョウは石砂山の中腹から山頂にかけて生息しいて、私が登った2015年4月19日は数頭観察することができました。関東でギフチョウを観察するのは初めてでしたので、非常に良い経験になりました。しかしながら、なかなか良い位置に止まってくれなかったため、良い写真を残すことができませんでした。

ギフチョウの幼虫の食草であるカンアオイも確認することができました。卵の確認はできませんでしたが、生息環境は維持されていることが確認できました。

ギフチョウの食草のカンアオイ

ヒオドシチョウ

石砂山のヒオドシチョウ

この日はヒオドシチョウも観察することができました。ヒオドシチョウは成虫で越冬する蝶で、翅のボロボロ具合から越冬した個体であると思われます。

ミヤマセセリ

石砂山のミヤマセセリ

ギフチョウと同じく春先にのみ成虫が観察できる、いわゆるスプリング・エフェメラルの1種であるミヤマシジミも観察することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました